丸の内の出張マッサージは交通費無料で90分総額12,000円の割引キャンペーン実施中!21時開始まで。

出張マッサージバリスパTOP ≫ エリア ≫ 千代田区 ≫ バリスパは、女性セラピストを丸の内へ派遣する出張マッサージ店です。

3つのこだわり

バリスパは、女性セラピストを派遣する出張マッサージ専門店です。銀座のサロンから、丸の内のホテルやご自宅へ出張マッサージの女性スタッフを派遣しております。サロンと同じ施術、メニューが滞在先のホテルで受けられます。人気のコースメニューはアロママッサージと指圧を組み合わせたバリ式マッサージです。指圧により全身の筋肉を揉みほぐし体と心のコリをほぐす心地よいオイルマッサージを施術します。ソフトタッチと力強さが絶妙で疲れが解き放たれる喜びをで感じてください。丸の内のお客様は出張マッサージ専門店バリスパを是非、ご予約ください。

電話

WEB予約はこちら


■一番人気のメニューはバリ式マッサージ
リンパマッサージをはじめ、ボディケア、アロママッサージ、ストレッチ、足裏マッサージ、ヘッドマッサージなど多くの手技を組み合わせたバリ式マッサージが一番人気のメニューです。 リンパ液や血行を促進し、筋肉疲労回復やリラクゼーション、老化防止、リラックス感をもたらし、ストレスを除きます。出張マッサージをお探しの港区のお客様は当店、一番人気のメニューを是非、ご利用ください。

こんな方にぜひおすすめ

電話

WEB予約はこちら


■丸の内へのセラピストの派遣について
出張マッサージならバリスパをご利用ください。お勧めのコースはオイルマッサージと指圧を組み合わせたバリ式マッサージです。ご予約頂いてから30分前後で、丁寧で洗練された技術の女性セラピストを丸の内へ派遣いたします。。
交 通 費 : 1,000円
所要時間: 20分~30分
丸の内へ派遣可能なホテルはこちら ⇒ 東京ステーション|  フォーシーズンズホテル|  フォーシーズンズ 丸ノ内ホテル| パレスホテル| メトロポリタン| シャングリ・ラ丸の内| 


■お支払にクレジットカードがご利用いただけます。
予約時に「カードの利用で」とお申し付けください。クレジットカードのご利用手順

ご利用者の声


■出張マッサージのお支払ににクレジットカードがご利用可能です。
お支払いにご利用可能なクレジットカードはVISA(ビザカード)とMASTER(マスターカード)、アメリカンエクスプレス(AMERICAN EXPRESS)の3種類です。ご予約時に「カードの利用で」とお申し付けください。VISAとMASTE、AMERICAN EXPRESS以外の(JCB、Diners Club)はお使い頂けません。なお、手数料はかかりません。当店でクレジットカードの手数料を負担いたします。クレジットカードのご利用手順


■出張マッサージのバリスパでは、バリ式マッサージが一番人気のメニューです。
リンパマッサージをはじめ、ボディケア、アロママッサージ、ストレッチ、足裏マッサージ、ヘッドマッサージなど多くの手技を組み合わせた一番人気のメニューです。
■バリ式マッサージ
リンパの流れに沿ってゆっくり押しなでていき、リンパドレナージュ効果が期待できます。ソフトタッチと力強さが絶妙でヤミツキになります。
■リンパマッサージ
リンパを中心とした独自のハンドテクニックに癒されます。リンパに溜まってしまった老廃物を排出。疲れた体をすっきり癒していきます。
■ボディケア
凝り固まった体をタオルの上から、揉みほぐします。全身疲労やストレスの緩和に効果。
■アロママッサージ
心地よいアロマの香りのオイルで、深いリラクゼーションを感じながら老廃物を排出。自律神経に働きかけ免疫力を高めるマッサージです。
■ストレッチ
筋肉と関節をストレッチすることで体の血流がよくなります。心と体をリラックスさせる効果があります。
■足裏マッサージ
ツボが集中した足裏の反射区を刺激します。足だけでなく、血液の循環をよくし、全身の疲労感を和らげます。
■ヘッドマッサージ
ヘッドマッサージの一番の目的は、頭皮の血行を促進することです。頭は多くのツボが集中しているため頭をマッサージするだけで疲労感が取り除かれリラックス効果があります。血液やリンパの流れが良くなり、細胞が活性化します。ヘッドはもちろん、身体全体の緊張を解きほぐします。テクノストレスの方にもスッキリ感。


■丸の内のエリア情報
丸の内は都内屈指のビジネス街
丸の内は大手企業の本社などが集まる閑静な高層ビルが立ち並ぶ美しいビジネス街です。道路の幅も広く、整然とした印象です。駅前には丸ビル、新丸ビル、Kitteなどのビルがあり、オフィスだけでなく、レストランやショッピングができるお店も入る複合ビルです。美術館や、高級品を扱うお店もすぐ近くにありますので、ビジネスマンのみならず、平日は観光客の人で賑わっています。高層ビル群を抜けていくと皇居があります。お堀には白鳥や鴨などが泳いでいるのを眺めることができます。皇居のまわりは広い公園になっており、芝生の広場があります。そこでくつろぐ人も沢山います。皇居内は一部無料開放されていますので、国内外問わず見学客で賑わっています。ビジネスの中心地でありながら美しい公園が広がる都心の街です。


■丸の内の歴史【概要】
江戸時代には、丸の内帯は江戸城の本丸に接し、外堀に囲まれ、多くの大名が、将軍への忠誠を表すための証人(人質)を住まわせていた地域でした。町名が付けられたのは、実は昭和4(1929)年に入ってからのことです。
中世の丸の内は、日比谷入江と呼ばれる入り江でした。そこが、江戸幕府を開いた徳川家康によって開拓されます。丸の内は、江戸の頃は巨大な「大名屋敷街」でした。そして、明治になると、大名屋敷は政府に取り上げられます。そこに、陸軍が兵舎を建設して、錬兵場をおきました。明治22(1889)年1月、政府はこの建物と練兵場の売却を決めます。 そのため、丸の内の上地を売却して移転費を確保しようとしたのです。そして、政府は競売にかけ三菱が払い下げを受けます。三菱の元で、ロンドンの市街地をモデルとした、煉瓦造りのビルの建設が進められました。1914年に東京駅が完成した後、丸の内界隈は事業所の新設・移転が相次ぎました。
1980年代後半以降、経済の国際化が急激に進み、東京はロンドン、ニューヨークと並ぶ、世界の金融の中心地になり、各国の金融機関が丸の内を中心とする都心に集中し、オフィス不足が深刻となりました。こうした状況のなかで、丸の内最大の地権者・三菱地所は1988年一月、「丸の内再開発計画」を提案しました。 計画は、丸の内・大手町・有楽町地区に建つ115棟のビルをすべて、30年かけて、40~50階、200メートル前後の超高層ビル60棟に建て替えるというものでした。
東京・丸の内は、日本経済の中心であり、世界有数のビジネスセンターです。金融、マスコミ、メーカーなど約4,000業所が集まり、24万人もの就業者を抱える街、丸の内が、変貌を遂げつつあります。


【丸の内アーカイブ:400年の移り変わり】
丸の内の現在と由来
中世の丸の内は入り江だった
大名が住んでいた街「丸の内」
丸の内のオフィス街は明治は陸軍練兵場だった
三菱が払い下げを受ける
市電開通前の丸の内のオフィスビル建設
東京駅が完成した後、丸の内はさらに発展
1988年からの丸の内再開発計画
東京駅の赤れんが駅舎 総工費500億円で復元
丸の内再開発のテーマは「新しい可能性に出会える街」