両国の出張マッサージは交通費無料で90分総額12,000円の割引キャンペーン実施中!21時開始まで。

出張マッサージバリスパTOP ≫ エリア ≫ バリスパは、女性セラピストを両国へ派遣する出張マッサージ店です。

3つのこだわり

バリスパは、女性セラピストを派遣する出張マッサージ専門店です。銀座のサロンから、両国のホテルやご自宅へ出張マッサージの女性スタッフを派遣しております。サロンと同じ施術、メニューが滞在先のホテルで受けられます。人気のコースメニューはアロママッサージと指圧を組み合わせたバリ式マッサージです。指圧により全身の筋肉を揉みほぐし体と心のコリをほぐす心地よいオイルマッサージを施術します。ソフトタッチと力強さが絶妙で疲れが解き放たれる喜びをで感じてください。両国のお客様は出張マッサージ専門店バリスパを是非、ご予約ください。

電話

WEB予約はこちら


■お客様の声
本当にリラックスさせていただきました。アロマ全身マッサージ、リフレクソロジーともに、堪能させていただきました。心温まるサービスに感激し、一週間の両国滞在中二回もお願いしたほどです。 今日はいつまでも、体も心もぽかぽかと暖かかったです。腰まわりのラインがマッサージ前後で変わったのにもびっくりしました。私ごとではありますが、5月に結婚が決まりました!

こんな方にぜひおすすめ

電話

WEB予約はこちら


■両国へのセラピストの派遣について
出張マッサージならバリスパをご利用ください。お勧めのコースはオイルマッサージと指圧を組み合わせたバリ式マッサージです。ご予約頂いてから30分前後で、丁寧で洗練された技術の女性セラピストを両国へ派遣いたします。
交 通 費 : 1,000円
所要時間: 20分~30分


両国派遣可能なホテルはこちら ⇒ パールホテル両国 | 両国リバーホテル | ザ・ホテルベルグランデ |


■お支払にクレジットカードがご利用いただけます。
予約時に「カードの利用で」とお申し付けください。クレジットカードのご利用手順

ご利用者の声


■出張マッサージのお支払ににクレジットカードがご利用可能です。
お支払いにご利用可能なクレジットカードはVISA(ビザカード)とMASTER(マスターカード)、アメリカンエクスプレス(AMERICAN EXPRESS)の3種類です。ご予約時に「カードの利用で」とお申し付けください。VISAとMASTE、AMERICAN EXPRESS以外の(JCB、Diners Club)はお使い頂けません。なお、手数料はかかりません。当店でクレジットカードの手数料を負担いたします。クレジットカードのご利用手順


■明暦の大火(1657年)で両国橋は作られた
隅田川は、江戸中期までは武蔵と下総の国境で、両国橋はそれらを繋ぐことに由来して、命名されました。この橋が架けられる以前は、江戸城の防衛などの目的から、文禄三年(一五九四)に架けられた千住大橋以外、隅田川へは架橋しないのが幕府の方針でした。しかし、明暦の大火により浅草橋門で多くの死者を出したことなどから、防災時の避難経路として橋を架けることにしまた。また、両国橋は、本所・深川地域の市街地開発を進めるうえでも大事な橋でありました。すなわち、大火後、江戸城周辺の火除地造成のために大名・旗本などの屋敷や寺社の移転が進められ、それに伴う本所・深川の市街地化の促進のために両国橋が不可欠になったのでした


■両国橋は繁華街としてその名前が知られたた
両国と言うと浅草や深川と並んで、江戸情緒を色濃く残している町です。ところが、江戸の頃、両国という町はありませんでした。本所と呼ばれる地域でした。両国という名称は、まず橋の名前として登場します。隅田川に架かる両国橋です。  両国橋の東西と橋の上には橋番小屋が置かれ、付近の町人は出火などの際に橋を守ることが義務づけられました。また両岸には、火除けのために広小路が設けられました。火除地は、延焼防止の機能をもちますから、移動できない建造物は建てることができませんでした。しかし、往来の激しい橋詰や、多くの参拝者を集める寺社門前に設置された広小路には、移動や撤去の可能な床店が建ち並んで商品の取引が行われたり、市場が形成され、また大道芸のほか、葭簀張で囲われた小屋での芸能興行が行われるなど、盛り場として発展した場所も多かったのです。 明暦の大火後、江戸市中各地には広小路が設けられヽ床見世(簡易な店ヽ屋台)などで賑わう場所も出てきました。両国広小路はその代表でした。両国広小路の繁栄ぶりについては、講釈・軽業(かるわざ)などの興行や豆腐料理・王子焼き・茶・餅・鰻の蒲焼き・鉢植え・釣竿・化粧品・ガラス細工・髪結いなどさまざまな店が並び、多くの人々で賑わいました。


■両国の由来と観光スポット国技館と江戸東京博物館
両国の観光スポット国技館。場所中には、色鮮やかな力士ののぼりがはためき、通りは華やかさが増します。相撲は、江戸時代、相撲の中心が江戸に移り、現代に通じる様式や技が誕生。庶民の貴重な娯楽として長きにわたり、人気を集めました。 庶民の贅沢を戒めるための倹約令が幕府から出され、歌舞伎などが禁止されることがあっても、武術として奨励されていた相撲は執り行われ人々の貴重な娯楽となったのです。
江戸東京博物館は、エントランスをくぐると、時は江戸。商業地として活気あふれる日本橋木造の橋を渡ると常設展示室。テーマの構成は、江戸と東京の二つ。江戸時代の実物大の長屋や寛永の大名屋敷、鹿鳴館や新宿のヤミ市など、いづれも具体的な模型を展示しています。江戸東京博物館は未来の東京を考える博物館として、1993(平成5)年3月28日に開館しました。
「江戸ゾーン」と「東京ゾーン」から成る常設展示 室では、江戸時代から第二次世界大戦直後にかけての「江戸・東京」の人々の暮らしについて学ぶことができます。ここでは浮世絵や絵巻など約2500点や、 大型の復元模型約50点などを見ることが可能です。このゾーンは、まるで江戸の町を散歩しているように武士や庶民の暮らしぶりが、細かな部分まで再現されています。
寛永の町人地の模型では、江戸時代初期にあたる寛永年間(1624~1629年)の、日本橋付近の町の様子を1/30スケールで再現した模型です。この展示からは"新しい城下町を作る"という活気が伝わってきます。また、周りに置かれている双眼鏡を使えば、細かい部分まで見ることも出来ます。
江戸時代の文化、商業などについて展示しているコーナーには、「両国橋西詰」の賑わいを表す模型の展示があります。ここでは、花火見物で盛り上がる街の様子を表現しています。軒に連なる見世物小屋や茶店などは、花火見物に合わせて臨時で設けられたものです。
展示コーナーのほぼ中央に、19世紀初期にあった芝居小屋「中村座」の原寸大の復元模型があります。中村座とは幕府公認の劇場のひとつです。屋根の中央には、その証である「櫓」が掲げられています。


■両国のエリア情報
両国は相撲や江戸の文化に触れる事が出来る地域
両国は東京都墨田区にある地域です。隅田川沿いに地域が広がっており、街の中心であるJRおよび地下鉄の両国駅を中心に街が展開されています。最大の特徴ともいえるのが国技館です。相撲の本場所が開催される施設となっており、本場所開催時には多くの相撲ファンが訪れます。また、相撲にゆかりのある地域ということもあり、近隣の飲食店には相撲にちなんだ料理やちゃんこ料理を提供するお店も多く展開されています。さらに国技館の裏手には江戸東京博物館が立地しており、江戸から現代にかけての東京の街並みなどがジオラマなどで再現されています。国技館と合わせて観光に訪れる人が多くいるスポットとなっています。この様に両国は相撲や江戸の文化に触れる事が出来る施設が揃っている地域です。


■出張マッサージのバリスパでは、バリ式マッサージが一番人気のメニューです。
リンパマッサージをはじめ、ボディケア、アロママッサージ、ストレッチ、足裏マッサージ、ヘッドマッサージなど多くの手技を組み合わせた一番人気のメニューです。
■バリ式マッサージ
リンパの流れに沿ってゆっくり押しなでていき、リンパドレナージュ効果が期待できます。ソフトタッチと力強さが絶妙でヤミツキになります。
■リンパマッサージ
リンパを中心とした独自のハンドテクニックに癒されます。リンパに溜まってしまった老廃物を排出。疲れた体をすっきり癒していきます。
■ボディケア
凝り固まった体をタオルの上から、揉みほぐします。全身疲労やストレスの緩和に効果。
■アロママッサージ
心地よいアロマの香りのオイルで、深いリラクゼーションを感じながら老廃物を排出。自律神経に働きかけ免疫力を高めるマッサージです。
■ストレッチ
筋肉と関節をストレッチすることで体の血流がよくなります。心と体をリラックスさせる効果があります。
■足裏マッサージ
ツボが集中した足裏の反射区を刺激します。足だけでなく、血液の循環をよくし、全身の疲労感を和らげます。
■ヘッドマッサージ
ヘッドマッサージの一番の目的は、頭皮の血行を促進することです。頭は多くのツボが集中しているため頭をマッサージするだけで疲労感が取り除かれリラックス効果があります。血液やリンパの流れが良くなり、細胞が活性化します。ヘッドはもちろん、身体全体の緊張を解きほぐします。テクノストレスの方にもスッキリ感。

ページTOPへ