築地の出張マッサージは交通費無料で90分総額12,000円の割引キャンペーン実施中!21時開始まで。

出張マッサージバリスパTOP ≫ エリア ≫ 中央区 ≫ 築地

3つのこだわり

築地で出張マッサージなら、アロマ施術と揉み指圧で「癒し」「疲れ」に効果がある当店にお問い合わせください。出張マッサージを行っております当店は、出張でホテルに泊まられている築地のお客様、ご自宅にいらっしゃるお客様に、極上のリラクゼーションタイムをお届け。格別な充実感を得られると様々なお客様から大好評頂いております。アロマの施術は撫でるようで満足できない」そういったお客様や、整体の強い圧が好みのお客様にオススメです。出張マッサージをお探しの築地のお客様はソフトタッチと力強さが絶妙でヤミツキになる当店を是非、ご予約ください。

築地へ派遣可能なホテルはこちら ⇒ 東急ステイ築地 | アパホテル築地駅南 | 銀座クレストン |

電話

WEB予約はこちら


■お客様の声
【築地で出張マッサージBARI SPAを自宅で初めて利用しました】
毎日残業が多く休みも疲れてほとんど寝て過ごすような毎日を過ごしています。職場の同僚に、出張マッサージのBARI SPAをすすめられて体験しました。築地に住んでいますが、築地自宅にBARI SPAのスタッフが出張マッサージんび来てくれるので、1番落ちつける自宅で心地よいマッサージを受けることが出来、とてもリラックスして疲れが取れました。BARI SPAは、オイルマッサージで筋肉をしっかりほぐしてくれるので体の中からしっかりコリをとってくれるので、体の底からすっきりすることが出来ました。

こんな方にぜひおすすめ

電話

WEB予約はこちら


■築地へのセラピストの派遣について
出張マッサージならバリスパをご利用ください。お勧めのコースはオイルマッサージと指圧を組み合わせたバリ式マッサージです。ご予約頂いてから30分前後で、丁寧で洗練された技術の女性セラピストを築地へ派遣いたします。。
交 通 費 : 1,000円
所要時間: 20分~30分


■お支払にクレジットカードがご利用いただけます。
予約時に「カードの利用で」とお申し付けください。クレジットカードのご利用手順

ご利用者の声


■出張マッサージのバリスパでは、バリ式マッサージが一番人気のメニューです。
リンパマッサージをはじめ、ボディケア、アロママッサージ、ストレッチ、足裏マッサージ、ヘッドマッサージなど多くの手技を組み合わせた一番人気のメニューです。
■バリ式マッサージ
リンパの流れに沿ってゆっくり押しなでていき、リンパドレナージュ効果が期待できます。ソフトタッチと力強さが絶妙でヤミツキになります。
■リンパマッサージ
リンパを中心とした独自のハンドテクニックに癒されます。リンパに溜まってしまった老廃物を排出。疲れた体をすっきり癒していきます。
■ボディケア
凝り固まった体をタオルの上から、揉みほぐします。全身疲労やストレスの緩和に効果。
■アロママッサージ
心地よいアロマの香りのオイルで、深いリラクゼーションを感じながら老廃物を排出。自律神経に働きかけ免疫力を高めるマッサージです。
■ストレッチ
筋肉と関節をストレッチすることで体の血流がよくなります。心と体をリラックスさせる効果があります。
■足裏マッサージ
ツボが集中した足裏の反射区を刺激します。足だけでなく、血液の循環をよくし、全身の疲労感を和らげます。
■ヘッドマッサージ
ヘッドマッサージの一番の目的は、頭皮の血行を促進することです。頭は多くのツボが集中しているため頭をマッサージするだけで疲労感が取り除かれリラックス効果があります。血液やリンパの流れが良くなり、細胞が活性化します。ヘッドはもちろん、身体全体の緊張を解きほぐします。テクノストレスの方にもスッキリ感。


■築地のエリア情報
【世界最大規模の卸売市場の築地市場】
築地は、中央区にある埋め立て地の地域であり、警察署などの行政機関が集中しています。東京湾河口部に面しており、東京卸売市場築地市場があります。世界最大の規模と言われる代表的な卸売市場です。場外市場商店街があり、一般客や観光客も訪れることができます。駅周辺には、中央区役所、海上保安庁海洋情報部、国立がん研究センターなどが立地しています。また、企業の本社も多く立地している地域です。都内にある代表的な寺院のひとつである築地本願寺は、観光名所にもなっています。また、東京湾に注ぐ隅田川が流れる情緒のある地域でもあります。近年は、タワーマンションも多く建ち、賃貸物件が豊富にあります。都心で商店街もあり、暮らしやすい地域です。


■築地の歴史【概要】
「築地」は隅田川に隣接し現在、中央卸売市場や築地本願寺、国立がん研究センター、聖路加国際病院などがあります。
築地には、海や沼を埋め立てた土地という意味があり地名もそれが由来といわれています。この埋め立ては1657年の明暦の大火で消失してしまった浅草の東本願寺の移転のために行われたもので、移転後の寺は現在の「築地本願寺」です。
 1590年徳川家康が江戸に入国したときには江戸城の前面には海が広がっていました。築地の地名は築き立てられた土地です。安政五年(1858年)、日米修好通商条約で江戸の開市が決まり、つづいて蘭、露、英、仏とも同様の条約が結ばれ、江戸市内に居留 地を設けることが約束されました。これが明治政府に引き継がれ、明治元年(1868)、築地明石町一帯、現在の聖路加病院一帯に築地居留地が開かれまし た。 しかし東京湾は浅く、大型の貿易船の入港は無理だったので、市は横浜港で開かれました。また明治五年(1872年)には、新橋・横浜開に鉄道が開通 し、築地の居留地はその後も発展しませんでした。
 築地と言えば中央卸売市場です。ここは水産物や青果を扱う日本最大の市場です。夜明け前から競りに参加するため多くの人が集まり、東京で最も早く賑わう 場所です。魚河岸のイメージが強い築地ですが、大正一二年(1923年)の関東大震災をきっかけに日本橋の魚市場が移転し、昭和10年(1935年)に正式に開場しました。


【築地アーカイブ:400年の移り変わり】
築地の現在と由来
江戸時代は「蘭学の地」
明治初期、築地は居留地となり日本の近代化に大きな影響を与えた
二百年以上続く寺町だった
築地と言えば中央卸売市場