茅場町の出張マッサージは交通費無料で90分総額12,000円の割引キャンペーン実施中!21時開始まで。

出張マッサージバリスパTOP ≫ エリア ≫ 中央区 ≫ 茅場町

3つのこだわり

茅場町で出張マッサージなら、アロマ施術と揉み指圧で「癒し」「疲れ」に効果がある当店にお問い合わせください。出張マッサージを行っております当店は、出張でホテルに泊まられている茅場町のお客様、ご自宅にいらっしゃるお客様に、極上のリラクゼーションタイムをお届け。格別な充実感を得られると様々なお客様から大好評頂いております。アロマの施術は撫でるようで満足できない」そういったお客様や、整体の強い圧が好みのお客様にオススメです。出張マッサージをお探しの茅場町のお客様はソフトタッチと力強さが絶妙でヤミツキになる当店を是非、ご予約ください。

電話

WEB予約はこちら


■お客様の声
【出張マッサージで気持ちの良かった茅場町BARI SPAについて】
出張マッサージをで依頼するならBARI SPAが気持ちの良いサービスでした。茅場町の出張マッサージBARI SPAは、とてもリラックスできる雰囲気を作ってくれますので、身体だけでなく心も安らぐマッサージでした。バリ式マッサージも本格的なもので、施術中は、ずっとリラックスできており、施術後には、心も身体もリフレッシュできたと実感できるようなサービスでしたので、茅場町で出張マッサージをお探しの方には、BARI SPAを体験して欲しいです。

こんな方にぜひおすすめ

電話

WEB予約はこちら


■茅場町へのセラピストの派遣について
出張マッサージならバリスパをご利用ください。お勧めのコースはオイルマッサージと指圧を組み合わせたバリ式マッサージです。ご予約頂いてから30分前後で、丁寧で洗練された技術の女性セラピストを茅場町へ派遣いたします。。
交 通 費 : 1,000円
所要時間: 20分~30分
茅場町へ派遣可能なホテルはこちら ⇒ 京王プレッソイン芽場町 | パールホテル茅場町 | ヴィラフォンテーヌ茅場町 |


■お支払にクレジットカードがご利用いただけます。
予約時に「カードの利用で」とお申し付けください。クレジットカードのご利用手順

ご利用者の声


■出張マッサージのバリスパでは、バリ式マッサージが一番人気のメニューです。
リンパマッサージをはじめ、ボディケア、アロママッサージ、ストレッチ、足裏マッサージ、ヘッドマッサージなど多くの手技を組み合わせた一番人気のメニューです。
■バリ式マッサージ
リンパの流れに沿ってゆっくり押しなでていき、リンパドレナージュ効果が期待できます。ソフトタッチと力強さが絶妙でヤミツキになります。
■リンパマッサージ
リンパを中心とした独自のハンドテクニックに癒されます。リンパに溜まってしまった老廃物を排出。疲れた体をすっきり癒していきます。
■ボディケア
凝り固まった体をタオルの上から、揉みほぐします。全身疲労やストレスの緩和に効果。
■アロママッサージ
心地よいアロマの香りのオイルで、深いリラクゼーションを感じながら老廃物を排出。自律神経に働きかけ免疫力を高めるマッサージです。
■ストレッチ
筋肉と関節をストレッチすることで体の血流がよくなります。心と体をリラックスさせる効果があります。
■足裏マッサージ
ツボが集中した足裏の反射区を刺激します。足だけでなく、血液の循環をよくし、全身の疲労感を和らげます。
■ヘッドマッサージ
ヘッドマッサージの一番の目的は、頭皮の血行を促進することです。頭は多くのツボが集中しているため頭をマッサージするだけで疲労感が取り除かれリラックス効果があります。血液やリンパの流れが良くなり、細胞が活性化します。ヘッドはもちろん、身体全体の緊張を解きほぐします。テクノストレスの方にもスッキリ感。


■茅場町のエリア情報
【日本の金融トレードの中心地である茅場町】
茅場町駅周辺には数多くのビルが立ち並び、平日ともなると多くのビジネスマンで活気がある街です。また駅近くには証券取引所や証券会館などもあり、日本の金融トレードの中心地と言っても過言ではありません。そして多くのビジネスマンの活力を支えるかの如く、言わずと知れた多くの飲食店も数多く点在しており、中には行列をなすお店などもあったり大変興味深い街でもあります。新しいお店が増える中、古くから営んでいるお店も多くあります。また茅場町は東京駅や日本橋などにも徒歩圏内で行かれますし、雨の日は地下道を使うことができますので、多方面からのアクセスにも便利です。またサラリーマンの憩いの場ともなっている公園もあり、春になると桜の木の下でランチをしながらお花見もできます。


■茅場町の現在と由来
東京証券取引所がある「日本橋兜町」に隣接していることから、現在では多くの証券・投資関連企業が立ち並ぶ「日本橋茅場町」。江戸時代以前は海中にありましたが、戦国時代後期の天正年間(1573~1592)末ごろに、埋め立て工事が行われて陸地となりました。茅場町はカヤを売る業者が多く住んでいたことに由来します。この地はかつて沼地で茅や葦が豊富に生い茂る場所であり、屋根葺の材料となる茅で商いをする業者がこの地へ移住してきたといわれています。当時、屋根葺きや笠や蓑などに使われる茅は、大変な需要があったため、瞬く間に町は発展を遂げていきました。
現在も町の北側には日本橋川、東側には亀島川が流れる茅場町は、江戸時代より水運の要所でもありました。そのため、物資輸送の中継地として、川沿いには酒問屋など、多くの蔵が集まっていました。特に、日本橋川沿いでは、船蔵が密集し、美しい土蔵の白壁を見せていたとされます。