人形町の出張マッサージは交通費無料で90分総額12,000円の割引キャンペーン実施中!21時開始まで。

出張マッサージバリスパTOP ≫ エリア ≫ 中央区 ≫ 人形町

3つのこだわり

人形町で出張マッサージなら、アロマ施術と揉み指圧で「癒し」「疲れ」に効果がある当店にお問い合わせください。出張マッサージを行っております当店は、出張でホテルに泊まられている人形町のお客様、ご自宅にいらっしゃるお客様に、極上のリラクゼーションタイムをお届け。格別な充実感を得られると様々なお客様から大好評頂いております。アロマの施術は撫でるようで満足できない」そういったお客様や、整体の強い圧が好みのお客様にオススメです。出張マッサージをお探しの人形町のお客様はソフトタッチと力強さが絶妙でヤミツキになる当店を是非、ご予約ください。

電話

WEB予約はこちら


■お客様の声
【出張マッサージを人形町のBARI SPAに頼むととても良いマッサージができました】
いつもリラクゼーションとして受けているマッサージを別のものにしてみようと思い人形町の出張マッサージのBARI SPAに連絡してきてもらうことにしました。BARI SPAのフレンドリーで丁寧なスタッフに全身をマッサージしてもらうと程よい力のマッサージ方法で筋肉を揉みほぐしてくれて全身リラックスすることができました。人形町のBARI SPAの出張マッサージなら他の出張マッサージとはまた違う方法でマッサージを施してくれます。

こんな方にぜひおすすめ

電話

WEB予約はこちら


■人形町へのセラピストの派遣について
出張マッサージならバリスパをご利用ください。お勧めのコースはオイルマッサージと指圧を組み合わせたバリ式マッサージです。ご予約頂いてから30分前後で、丁寧で洗練された技術の女性セラピストを人形町へ派遣いたします。。
交 通 費 : 1,000円
所要時間: 20分~30分

人形町へ派遣可能なホテルはこちら ⇒ 日本橋人形町のBisiness Hotel(イン)  | アパホテル人形町駅北 |


■お支払にクレジットカードがご利用いただけます。
予約時に「カードの利用で」とお申し付けください。クレジットカードのご利用手順

ご利用者の声


■<ホテル日本橋サイボー>BALI SPAの出張マッサージをしてもらいました
ホテル日本橋サイボーまでBALI SPAの出張マッサージをお願いしました。バリ式マッサージは初めての体験だったんですが、本当に気持ち良かったです。ホテル日本橋サイボーで使用したBALI SPA専用のオイルが私の好きなオリエンタルの香りで癒されました。オイルを塗ったあと指圧やマッサージを施術していくのですが、強めの指圧がちょうどいい加減の痛気持ち良さで、全身のコリがほぐれていくのがわかりました。リンパのマッサージが血行の流れを良くしてくれるので、出張マッサージ終了後は身体がずいぶん軽くなりました。
ホテル日本橋サイボーへのアクセス: 東京都中央区日本橋 人形町3-3-16
最寄駅:日本橋「人形 町駅」徒歩2分


■出張マッサージのバリスパでは、バリ式マッサージが一番人気のメニューです。
リンパマッサージをはじめ、ボディケア、アロママッサージ、ストレッチ、足裏マッサージ、ヘッドマッサージなど多くの手技を組み合わせた一番人気のメニューです。
■バリ式マッサージ
リンパの流れに沿ってゆっくり押しなでていき、リンパドレナージュ効果が期待できます。ソフトタッチと力強さが絶妙でヤミツキになります。
■リンパマッサージ
リンパを中心とした独自のハンドテクニックに癒されます。リンパに溜まってしまった老廃物を排出。疲れた体をすっきり癒していきます。
■ボディケア
凝り固まった体をタオルの上から、揉みほぐします。全身疲労やストレスの緩和に効果。
■アロママッサージ
心地よいアロマの香りのオイルで、深いリラクゼーションを感じながら老廃物を排出。自律神経に働きかけ免疫力を高めるマッサージです。
■ストレッチ
筋肉と関節をストレッチすることで体の血流がよくなります。心と体をリラックスさせる効果があります。
■足裏マッサージ
ツボが集中した足裏の反射区を刺激します。足だけでなく、血液の循環をよくし、全身の疲労感を和らげます。
■ヘッドマッサージ
ヘッドマッサージの一番の目的は、頭皮の血行を促進することです。頭は多くのツボが集中しているため頭をマッサージするだけで疲労感が取り除かれリラックス効果があります。血液やリンパの流れが良くなり、細胞が活性化します。ヘッドはもちろん、身体全体の緊張を解きほぐします。テクノストレスの方にもスッキリ感。


■人形町のエリア情報
【現代でも伝統を守っている下町である人形町】
人形町は東京の中央区にあり、その歴史は古く江戸時代にまで遡ります。現代でも伝統を守っている粋な下町風情の残る町です。人形町には縁起の良さで有名な七福神を奉っている八つの神社があります。八つ全て見て回っても約二時間程度ですのでゆっくりと歩きながらの神社巡りがおすすめです。そして明治座や浜松公園にぬける甘酒横丁には伝統工芸品や老舗も多く残っていて、粋で情緒な買い物が楽しめます。お食事処も数多くありますし、町の名前と同じ人形焼のお店もあります。また、せともの市や人形市、べったら市など年間を通して催し物が開催されています。四季に応じた様々な催し物を目当てに立ち寄ってみると意外な楽しみに出会えるかもしれません。江戸から続く日本の古き良き伝統が色濃く残る町、それが人形町です。


■人形町の現在と由来
東京都中央区にある「人形町」は正式には「日本橋人形町」。現在、オフィス・飲食店・住居が混在する街で、老舗店舗が多いです。飲食店が連なる甘酒横丁という通りが有名です。 その昔、この辺りに「吉原」がありましたが、明暦の大火(1657年)で消失して、今の千束町に移転しました。
江戸時代、この土地には歌舞伎小屋の中村座と市村座があり、また浄瑠璃や人形芝居も行われていて、これらを見に来る客、人形を作る人、修理する人 、商う人や、人形を操る人形師らが大勢暮らしていました。人形芝居の客に土産の人形細工を売る店が多くなり、この通りを「人形通り」、その付近を「人形町」と呼ぶようになったといわれています。1933年(昭和8年)、正式に「人形町」という町名になりました。


■江戸時代の娯楽の花形だった歌舞伎は、人形町でブレイクした
 堺町(現在の日本橋人形町3丁目)は、歌舞伎の江戸三座(中村座・市村座・森田座)の一つ中村座があった芝居町です。歌舞伎芝居だけでなく、操り芝居・人形芝居や見世物小屋があり、そのほか芝居茶屋も立ち並ぶ娯楽センターであった。堺町の西隣りには、同じく芝小屋の並ぶ葺屋町(ふきやちょう)(現在の日本橋人形町3丁目)があり、その中心に歌舞伎の市村座がありました。堺町の中村座と葺屋町の市村座は同じ通りに面した目と鼻の先に建っていました。
中村座、市村座には、櫓(やぐら)が上げられ、劇場前に米俵(こめだわら)などの贔屓(ひいき)連中からの贈り物の品々がうず高く積み上げられました。
また人形町界隈にはこのほかにも小芝居の玉川座、古浄瑠璃の薩摩座、人形劇の結城座などが軒を連ねていたので、この人形町一帯には芝居茶屋をはじめ、役者や芝居関係者の住居がひしめき、一大芝居町を形成していました。
それらを見物する人々で芝居町は大いににぎわい、前日から徹夜で入場した観客たちは、初日の幕が上がるのを、今か今かと待ちました。
 朝から晩まで、物を売る声、客を呼び込む声、三昧線の音、笛の音、それに芝居小屋の櫓太鼓が鳴り響いていました。
 一日に千両の商いがある例えとして「日千両(ひせんりょう)」という言葉が生まれたのは江戸時代も後半のことですが、日本橋界隈(おもに本小田原町)の魚市場、全盛期の遊廓吉原、そして歌舞伎芝居(三座)の売り上げが一日に千両だったといういうわけです。


■近代文豪、谷崎潤一郎が生まれた人形町
近代文豪、谷崎潤一郎は、明治19(1886)年7月24日、母方の祖父が経営する谷崎活版所があった人形町で生まれました。誕生当時は大変裕福な家庭でしたが、祖父が亡くなり、父が受け継いだ事業の失敗から、貧窮の少年時代を過ごしました。彼の才能を惜しんだ周囲の人々の温かい援助で、東京帝国大学国文科へと進みました。明治43(1910)年24歳の時、第2次「新思潮」の同人となり、「刺青(しせい)」で実質的な文壇デビューを果たしましたが、翌年、授業料未納で大学は中退。関東大震災を機に関西へ移り、「蓼喰う虫」「細雪」「痴人の愛」等数々の名作を生み出しました。昭和40年(1865)年死去。晩年の作品には「ふるさと」等人形町界隈の思いを多く書き残しています。昭和50年松子夫人の揮毫による碑が生誕の地であるツカコシビル前に建立されました。