馬喰町の出張マッサージは交通費無料で90分総額12,000円の割引キャンペーン実施中!21時開始まで。

出張マッサージバリスパTOP ≫ エリア ≫ 中央区 ≫ 馬喰町

3つのこだわり

馬喰町で出張マッサージなら、アロマ施術と揉み指圧で「癒し」「疲れ」に効果がある当店にお問い合わせください。出張マッサージを行っております当店は、出張でホテルに泊まられている馬喰町のお客様、ご自宅にいらっしゃるお客様に、極上のリラクゼーションタイムをお届け。格別な充実感を得られると様々なお客様から大好評頂いております。アロマの施術は撫でるようで満足できない」そういったお客様や、整体の強い圧が好みのお客様にオススメです。出張マッサージをお探しの馬喰町のお客様はソフトタッチと力強さが絶妙でヤミツキになる当店を是非、ご予約ください。

電話

WEB予約はこちら


■お客様の声
【出張先の馬喰町で出会った素敵な出張マッサージ店BARI SPA】
出張先で泊まった馬喰町のホテルで出張マッサージをお願いしようと思いネットで見つけたBARI SPAに電話をしてみました。その日は営業活動で1日中歩き回っていたため、足がとても疲れていました。そんな私にとってやや強めの圧で揉み込むバリ式マッサージは最適でした。凝っていたりむくんでいるところは特に時間をかけて強めに揉んで欲しいとお願いすると快く注文を受けていただき、マッサージだけでなく顧客対応もきちんとしているのだと感じました。また、馬喰町以外の出張の時や自宅でも定期的にBARI SPAに出張マッサージをお願いしたいです。

こんな方にぜひおすすめ

電話

WEB予約はこちら


■馬喰町へのセラピストの派遣について
出張マッサージならバリスパをご利用ください。お勧めのコースはオイルマッサージと指圧を組み合わせたバリ式マッサージです。ご予約頂いてから30分前後で、丁寧で洗練された技術の女性セラピストを馬喰町へ派遣いたします。。
交 通 費 : 1,000円
所要時間: 20分~30分


■お支払にクレジットカードがご利用いただけます。
予約時に「カードの利用で」とお申し付けください。クレジットカードのご利用手順

ご利用者の声


■出張マッサージのバリスパでは、バリ式マッサージが一番人気のメニューです。
リンパマッサージをはじめ、ボディケア、アロママッサージ、ストレッチ、足裏マッサージ、ヘッドマッサージなど多くの手技を組み合わせた一番人気のメニューです。
■バリ式マッサージ
リンパの流れに沿ってゆっくり押しなでていき、リンパドレナージュ効果が期待できます。ソフトタッチと力強さが絶妙でヤミツキになります。
■リンパマッサージ
リンパを中心とした独自のハンドテクニックに癒されます。リンパに溜まってしまった老廃物を排出。疲れた体をすっきり癒していきます。
■ボディケア
凝り固まった体をタオルの上から、揉みほぐします。全身疲労やストレスの緩和に効果。
■アロママッサージ
心地よいアロマの香りのオイルで、深いリラクゼーションを感じながら老廃物を排出。自律神経に働きかけ免疫力を高めるマッサージです。
■ストレッチ
筋肉と関節をストレッチすることで体の血流がよくなります。心と体をリラックスさせる効果があります。
■足裏マッサージ
ツボが集中した足裏の反射区を刺激します。足だけでなく、血液の循環をよくし、全身の疲労感を和らげます。
■ヘッドマッサージ
ヘッドマッサージの一番の目的は、頭皮の血行を促進することです。頭は多くのツボが集中しているため頭をマッサージするだけで疲労感が取り除かれリラックス効果があります。血液やリンパの流れが良くなり、細胞が活性化します。ヘッドはもちろん、身体全体の緊張を解きほぐします。テクノストレスの方にもスッキリ感。


■馬喰町のエリア情報
【日本最大の問屋街である馬喰町】
馬喰町は、日本最大の問屋街であり、JR総武本線の馬喰町駅周辺に広がる地域です。日本橋横山町や馬喰町問屋街では、衣服やアクセサリー関係の店舗が多く集まっています。東神田・岩本町の繊維問屋街には、老舗衣料品問屋が集積しています。また、明治座が駅南側、浜町公園近くに立地しています。最近は、空きビルなどにギャラリーやセレクトショップなどが入居し、アートの街としても知られています。つい立ち寄りたくなるようなヨーロッパの雑貨を扱うショップが並んでいます。都営新宿線の馬喰横山駅や東京メトロ日比谷線の小伝馬町駅、都営浅草線の東日本橋駅からもアクセス良好の便利な地域です。3駅アクセス可能な利便性の高い地域であり、賃貸の物件も豊富です。


■馬喰町の由来と歴史
鉄道・車の登場する以前は馬が交通の中心であり、道には馬が通行していました。  徳川家康の江戸入府のころより、馬の売買を行う馬市が定期的に開催されたほか、馬喰町の由来は牛馬の売買・仲介を行う幕府博労頭(ばくろうがしら)が居住していたことに由来します。
 博労(「伯楽」とも書く)とは牛馬を取引する商人のことです。中世以降、牛馬の需要が伸びたために現れた商売です。当時は、この地以外での馬の売買は禁止されていたとい言います。江戸時代に入ってからも各地の城下町にこうした博労たちが営む馬場が形成されていました。江戸においても多くの馬場がありましたが、その中でも馬喰町は最も古い馬場でした。  当初は「博労町」と記していましたが、正保年間(1644年~48)に「馬喰町」と改称されました。


■馬喰町は江戸時代のはじめ旅籠で栄えていた
 馬喰町一帯は古くは海浜に続く草地であっそうでが、江戸期以前から町屋が建設されていたようです。本格的な開発が始まるのは明暦の大火(1657)以後のことです。馬喰町一帯には武蔵・相模・房総など関八州における行政や司法のトラブルを扱った役所、「関東郡代屋敷」がおかれるようになりました。これによって、訴訟の仲介にあたった公事師たちが各地から訪れるようになり、旅籠屋が立ち並ぶようになりました。また、隣接する「日本橋横山町」が問屋街として栄えるようになったこのとも、この地で旅籠屋が繁盛した理由と言えます。
馬喰町の発展とともに人々の往来は増え続け、旅籠屋だけでなく、土産屋や定食屋、よろず屋など、さまざまな店が軒を連ねるようになり、より一層の賑わいを見せるようになりました。明治に入ってからも、江戸情緒を残す宿場町として、多くの旅人たちが立ち寄ったと言われています。
「明暦の大火」以降、馬場は縮小し、、町は近代化の波に押されて衰退。宿場町としての色合いは薄れ、旅宿は減少の一途をたどるようになりました。その一方で、衣料品などを扱う問屋が増え、いつしか馬喰町は問屋街に様変わりしていきました。現在はJR馬喰町駅を中心に近代的なビルが立ち並ぶオフィス街としても発展しています。